プラセンタとは?

プラセンタドリンクが苦手だったのでソフトジェルカプセルにしました

私は見た目年齢が実年齢よりもはるかに若いと言われ続けています。それを続けるために、プラセンタドリンクを買って来て飲むようになりました。プラセンタは無菌豚由来のもので、近所のディスカウントストアーから買って来て飲んでいました。

 

しかし、プラセンタ独特の味に馴染めず、毎日飲むのは無理だな、と思いました。
それでも、人に会う前や出かける前の晩にはプラセンタドリンクを飲んでいました。翌朝のお化粧ののりが断然違うので、プラセンタドリンクはやめられませんでした。

 

そこで、プラセンタは美容と健康にとてもいいものだということはわかっていましたが、飲みにくいものだというイメージがありました。そんなとき、チェ・ジウさんも飲んでいると言われているプラセンタ100を知りました。ソフトジェルカプセルに入っていて、味を感じることなくプラセンタの成分を飲むことが出来るのでこれはいいなと思いました。

 

それから、最初はお試しを試してみて、調子が良かったので、続けて飲むようになりました。美容と健康には本当によいようです。お化粧するときも、ファンデーションのノリがよくて、顔色もよくなり、きびきびとした動きが出来るので、とっても若く見られます。

 

私が使っている安いプラセンタ化粧水とゼリー

 

今、プラセンタゼリーと化粧水を使っています。40歳を過ぎた頃から毛穴の開きやたるみが気になってきたし、ハリのない肌を見るたびに落ち込んでたんですよね!

 

美容クリニックの若返りの施術を受けたいけど、費用が気になるし・・それで今、人気のコラーゲンやプラセンタのドリンクを買おうか迷ってたんですが、美容ドリンクも結構高いことが分かりました!

 

ドリンクは、あきらめてたまたまドラッグストアで見つけた安いプラセンタゼリーを1日に1本、食べています。私が食べているプラセンタゼリーは、30本(約1ヶ月分)1200円ぐらいで買えます。

 

安いのでそれほど期待せず、買ったんですが、10日も食べていると、肌がプルプルになっているんですね!
今は、1日おきに食べていますが、乾燥もよくなったし、肌トラブルに悩むことも少なくなりました。ただ、たるみは以前と比べて変わりません。やっぱり、たるみは、外側からのケアも必要だと思いました。

 

プラセンタゼリーと一緒に見つけたのが、1000円のプラセンタ化粧水です。化粧水も1000円なので、期待せず買いましたが、保湿力が高く、気にいってます。とろみのあるジェルのような化粧水で、なくなったらリピする予定です。プラセンタは、高いと思っていましたが、意外に安く買える商品があります!安くても、十分効果はあるので、使ってみる価値はあると思います!

 

プラセンタで若々しくそして美しくを目指して

 

最近年を取るにつれて昔のような肌ではなくなってしまいました。
肌にハリや艶がなくなってきています。

 

それは30代を過ぎてから特に感じるようになりました。
いつまでも若々しくありたいため何かいい方法はないかと探しました。
その結果、プラセンタがいいということがわかりました。

 

私がプラセンタを見つけたのはドラッグストアです。
ドラッグストアで売られているDHCのブルーベリーやレモン等のサプリを飲んでいたためプラセンタのサプリにも興味があり使用してみることにしました。
若々しく美しさをキープという袋の文字を見てすぐに購入しました。使用してみての感想ははじめのうち効果がよくわかりませんでした。

 

しかし、続けていくうちに艶が出てきたような気がします。そのためDHCの飲むプラセンタゼリーも試してみました。
値段はサプリよりも高かったのですが、プラセンタゼリーの方が効果がありそうだったため購入しました。その結果、サプリよりもすぐに効果があらわれたのです。

 

肌のハリや艶もそうですが、疲れも取れている感じです。値段の高さが気になりますが、若々しくあるためにはしょうがありません。

 

ずっと若々しく綺麗であるためにこれからも続けていこうと思っています。

 

いつまでも老けたと思いたくなくても

 

自分の手を見た時、母もこれみて、シワシワ、いつの間になったんだろうね、と他人事のようにいうので、
私も見てみると、この人の娘だから、そうだわ、これが一番老けたな、と思える体の部分だわね、と
思います。いつまでも健康で、元気で若々しく生活して行きたいのは、みんな同じことです。
しかし、これができれば化粧品の日々の研究はされる必要はないのかもしれません。
美への飽くなき挑戦です。恩師は近所の子供を連れてお買い物に行くのに、バスに乗ったら乗り合わせた
人に、お婆ちゃんとお買いもの、良いねと言う声を聞いた途端、ああ、老けたな、いやだいやだと思ったと
言います。私なんて、中年なりかけで、小学生に席を譲られそうになり、相当にショックでした。
上には上ではなく、下には下がいるものです。
とにかく、しけた顔をして歩かない、げっそりしていると、余計に老けて見られます。
何かのスポーツではないですが、メンタル面、意識改革から始めます。
実年齢には勝てませんが、それでも、気持ちは挑戦し続ける、一日に一度は大声で笑う、
無表情は老け顔まっしぐらです。背筋をピンっとはって、食事は腹八分目、さっそうと歩けるように
体重はコントロールし続けます。ウォーキングは欠かせません。